新型コロナウィルス感染症への対応

コロナワクチン副反応データベース検索
ファイサ゛ー公表の副作用
世界の感染者数
世界の感染者数と死亡者数
ここから下は、あなたの知らない世界(怖い~、オカルト?本当?)
馬淵睦夫元ウクライナ大使の見方
ぬなとちゃんねる(中野市)
リチャードコシミズのニコニコ動画
井上正康大阪市立大学名誉教授のニコニコ動画
サトリズム(面白いが、真実)
JPSikaDoctor
ノババックスの正体
蛇毒入りワクチン(4回目)
ワクチン接種したマウスは全部死んだ(東京理科大)
連新社(ワクチン関連)
In DeeP
宇野正美
つながっているこころ2

■■PCR検査の公費及び自費の対象について■■
<公費対象者>
1.発熱、下痢、咽頭痛、臭覚・味覚障害など感染を疑う症状
2.保健所から当院へ依頼された場合、
3.保健所の濃厚接種者にはならないが、
  当院が感染の可能性があると判断した場合
4.学生の帰省、里帰り等の場合
(当院の指定日に従ってください)
  
希望日に行う場合や短期間の複数回の場合は、下記自費(27500円)になります。
5.エッセンシャルワーカー(警察、救急、医療関係者、福祉関係、
  食料品関係、廃棄物回収業、運輸関連など)

<自費対象者(自費検査27500円:税込み)
1.旅行や、娯楽目的、高齢者施の要求の為(*)
  *科学的にも法的にも拒否すれば良いこと
2.入院・隔離・自宅療養の解除後の希望検査
3.時間外検査希望者
4.新型コロナワクチン接種者(2回以上)(国の説明では感染しないのでしょう?)

■★当院のPCRの特徴★■
 ●新型コロナウイルス感染症のスピード(1時間)PCR検査●
   Smart Gene(ミズホメディー社:米国CDC準拠プローブ使用)

■外注検査(ミロクメディカル社またはBML社)■
 ●新型コロナワクチン接種後の中和(防御)抗体測定

   ・Elecsys® Anti-SARS-CoV-2 S RUO(ロッシュ製)により、スパイク蛋白に対する抗体を測定します。
    価格は7700円(税込み

 ●新型コロナウイルスの変異株同定開始

   ・変異株同定可能。

■新型コロナウイルスワクチンに関して■

   ・簡単なワクチンの作り方の説明

 ・3回目のワクチンが始まり、6月からは4回目の話が出ている。
これが、令和4年3月10日英国保健省発表のサーベイランスレポート
つまり、ワクチン接種すればするほど、感染者も死亡者も増えるというグラフです。

ある市の2022年1月~3月の感染者の年代別、ワクチン接種回数別感染数です。



 当院で行ったワクチン接種者220人以上の検査(S抗体、Dダイマー、リンパ球サブセット)
 を行った結果の結論。
   1.抗体量は1回目で50U/ml前後、2回目で2500U/ml前後、3回目で25000U/ml以上で、
     ADE(抗体依存性感染増強)のリスクが増える。
    (感染者の抗体は50~100U/ml。つまり過剰抗体の大半は、NTD抗体で、RBD抗体は増えない)
   2.Tリンパ球の減少が起こり、ウイルス・細菌・癌細胞に対して抵抗力が落ちる。
     感染に弱く、発がんのリスクが上がる。
   3.LNP内のmRNAは、シュードウリジンにより分解を免れるため、投与6時間後から、
     DNAへの逆転写が始まり、それが最低2週間以上続く。
     体細胞の遺伝子書き換えで、感染に弱く、血栓傾向の強い肉体に改造される。


  ■イベルメクチンに関して■
   服用上の注意事項・副作用及び輸入ジェネリック薬の成分分析結果
   参考になるFLCCCなどの服用方法
   イベルメクチンの効果(FLCCコリー博士動画)
    (by Rimo Yokoさん:とても詳しい)

   
 ■新型コロナウイルス感染者の治療(通院可能者のみ)■ 
  イベルメクチン(薬理学作用抗がん作用)、亜鉛、アジスロマイシン主体に、治療してます。
   1.イベルメクチン(®ストロメクトール)24㎎を5日以上連続。
   2.®ノベルジン25㎎を回復まで。
   3.®ロカルトロール0.25μ~0.5μを回復まで。
   4.®ジスロマック500㎎を3日間(またはビブラマイシン100mgを7日)。
      (IVMの濃度増強、抗炎症作用)
     ®カロナール(解熱)など。
   5.グルタチオン300㎎(代謝された50%がタウリンに)
   6.場合により(Dダイマー高値)、抗血小板剤(プラビックス25㎎など)。
   7.ヒドロキシクロロキン(®プラケニル)(二酸化塩素含有により、
     ACE2へのスパイク蛋白結合を抑制(肺血管攣縮抑制)、ウイルス・細菌の不活化、
     その他自閉症の改善が期待できる可能性がある)文献1文献2

 ■新型コロナウイルス感染の後遺症の治療(通院可能者のみ)■ 
   1.イベルメクチン(薬理学作用抗がん作用)12㎎~15㎎を2日連続。
   2.グルタチオン300㎎(代謝された50%がタウリンに)を当分の間服用。
     (シミの改善、薬剤
解毒脳グリア細胞保護、代謝されたタウリンによる心機能改善目的)
     その他パーキンソン病や認知症にも効果が期待できる可能性がある。
   
3. Lーカルニチン(有機酸代謝異常の改善、尿中排泄解毒作用、スーパーオキサイドディムスターゼ(SOD)、
     グルタチオンパーオキシダーゼ、カタラーゼなどの抗酸化酵素発現作用、抗酸化作用、抗炎症作用、
     生体膜安定作用、繊維化抑制作用、
ミトコンドリア機能亢進肝機能改善などがある。
   4.®ロカルトロール0.25~0.5μg(10~20IU)を当分の間
      (
日本生活習慣病予防協会HPでは、レニン活性阻害、ACE2の発現誘導で、肺血管攣縮を
       抑制、その他にも
マクロファージ活性化
、オートファジー誘導、抗炎症作用)。   
   
5.®ノベルジン25㎎を当分の間(必要量10~20mg)。
     (日本生活習慣病予防協会HPでも、RNA依存性RNAポリメラーゼ活性を直接阻害し、
      複製抑制による
ウイルス増殖阻止が機序である記載されている。他にインターフェロン産生亢進、
      細胞膜安定化による侵入阻止作用があり、脱毛予防効果、味覚改善効果がある)
 
     
 クロロキンなどのイオノファとの併用で、抗ウイルス効果増強。
      ARBやACEI(降圧剤)、スタチン(高脂血症薬)で、亜鉛濃度低下。
 
   
6. ®セファランチン(タマサキツヅラフジから抽出)。
      (
キラーT細胞増強、末梢血流増加、造血、ステロイド産生、毛成長を増強し、
        血小板凝集抑制、カリウム放出抑制、抗アレルギー効果、
スパイク蛋白吸着作用

   7.®ノイロビタン配合薬(ビタミンB1,B2,B6、B12)。
      (湿疹、蕁麻疹、神経炎治療目的)
   8.®アンサー20(結核菌由来多糖類)。・・・最強のTリンパ球刺激薬は、『オプジーボ』
      Tリンパ球増加(丸山ワクチンのA液の10倍、B駅に100倍)

<その他>
  世間でうわさされている、塩化マグネシウムに関しては、よくわかりません。
  5-ALAの効果は、癌の温熱療(ハイパーサーミア)に併用すると効果がある様です(東京農業大)。
  いわゆる、重金属の解毒薬には、BALやデスフェラールなどのキレート剤がありますが、
  ワクチンに対しての使用経験はありません。

  ■同居家族の感染予防(ただし通院可能者のみ)■
 
   1.イベルメクチン(薬理学作用抗がん作用)12㎎~15㎎を3日連続。
   2.®ノベルジン25㎎を当分の間(感染者は低下していることが多い)。
   3.®ロカルトロール0.25μを当分の間(感染者は低下していることが多い)。

 ■日常の感染予防(ワクチン接種者を含め)■
   
1.イベルメクチン(薬理学作用抗がん作用)12㎎~15㎎を
     週二日~毎週~2週間ごと(食後:2.6倍吸収)。(感染状況による)

   2.®ノベルジン25㎎を当分の間(低下していることが多い)。
   3.®ロカルトロール0.25μ以上を当分の間(低下していることが多い)。
   4.ヒドロキシクロロキン(®プラケニル)
     (二酸化塩素含有により、予防効果が期待できる可能性がある)
   *イベルメクチンの予防効果は、8割程度ですので、
    感染リスクの高い集会などの際は、
    前日または当日朝に追加服用を推奨します。


■新型コロナワクチンの副反応(後遺症)の治療(通院可能者のみ)■

   1.イベルメクチン(薬理学作用抗がん作用)12㎎~15㎎を2日連続。
   2.グルタチオン300㎎(代謝された50%がタウリンに)を当分の間服用。
     (シミの改善、薬剤解毒、脳グリア細胞保護、代謝されたタウリンによる心機能改善目的)
     その他パーキンソン病や認知症にも効果が期待できる可能性がある。
   3. Lーカルニチン(有機酸代謝異常の改善、尿中排泄解毒作用、スーパーオキサイドディムスターゼ(SOD)、
     グルタチオンパーオキシダーゼ、カタラーゼなどの抗酸化酵素発現作用、抗酸化作用、抗炎症作用、
     生体膜安定作用、繊維化抑制作用、
ミトコンドリア機能亢進肝機能改善などがある。
   4.®ロカルトロール0.25~0.5μg(10~20IU)を当分の間
      (
日本生活習慣病予防協会HPでは、レニン活性阻害、ACE2の発現誘導で、肺血管攣縮を
       抑制、その他にも
マクロファージ活性化
、オートファジー誘導、抗炎症作用)。   
   
5.®ノベルジン25㎎を当分の間(必要量10~20mg)。
     (日本生活習慣病予防協会HPでも、RNA依存性RNAポリメラーゼ活性を直接阻害し、
      複製抑制による
ウイルス増殖阻止が機序である記載されている。他にインターフェロン産生亢進、
      細胞膜安定化による侵入阻止作用があり、脱毛予防効果、味覚改善効果がある)
 
     
 クロロキンなどのイオノファとの併用で、抗ウイルス効果増強。
      ARBやACEI(降圧剤)、スタチン(高脂血症薬)で、亜鉛濃度低下。
 
   6. ®セファランチン(タマサキツヅラフジから抽出)。
      (
キラーT細胞増強、末梢血流増加、造血、ステロイド産生、毛成長を増強し、
        血小板凝集抑制、カリウム放出抑制、抗アレルギー効果、
スパイク蛋白吸着作用

   7.®ノイロビタン配合薬(ビタミンB1,B2,B6、B12)。
      (湿疹、蕁麻疹、神経炎治療目的)
   8. ®ニコチン酸アミト゛(ビタミンB3)0.5gを当分の間服用。
      (酸化グラフェン解毒目的)⇒飲みにくいので最近は使用しない。
      ナイアシン(ニコチン酸、ニコチン酸アミト゛)摂取によって、
      ワクチンの長期的副作用の可能性であるプリオン病の細胞内NAD+
      (ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド≒ナイアシン)減少によるオートファジー過剰亢進(細胞変性)が、
      抑制されるとの報告がある。

   <重要>当院でのワクチン後遺症を診療に関しては、
   3回以上のワクチン接種を今後しない事(または接種してない事)、
   自費の抗体検査(7000円)を受けていただくこと、
   場合により、イベルメクチンなどを服用いただくことに承諾できる方のみが対象です。


■全国有志医師の会お勧めサプリ?■
        
    
®オキシカット(TIMA)
   

                                     2022年5月10日更新

■Link■
高知有志医師の会
全国有志医師の会
コロワク治療ナビ(By こどもコロナプラットフォーム)
ごとう整形外科クリニックのブログ(東北有志医師の会)



総合案内


新型コロナウィルス


透析


内科


温熱療法


先進医療


リンク


TEL:026-291-0170
FAX:026-291-0171
e-mail: minami_cl@yahoo.co.jp