イベルメクチン

『イベルメクチン』新型コロナ治療の救世主に
なり得るのか

イベルメクチンの作用機序(各種RNA,つまりアミノ酸を障害する)
1.ウイルスのスパイク蛋白に結合し、
  細胞膜のACE2レセプターとの結合を阻害する。
2.スパイク蛋白と細胞膜融合時に必須のフリンと
  TMPRSS2(蛋白分解酵素)の阻害(フリン切断の阻害=感染力抑制)。
3.メインプロテアーゼに結合し、RNA分解を阻止
  →蛋白合成活性化を阻止→RNAの複製過程を阻害する。
4.インポーチンα/β1の結合阻害(αに結合阻害)により、
  核内へ必要なたんぱく質の輸送を阻害。
5.ウイルスの侵入後に増加するPAK1キナーゼを阻害し、
  抗がん作用(結腸癌、卵巣癌、黒色腫、白血病)や
  高血圧・2型糖尿病・アルツハイマー・認知症を予防。
  オートファジー刺激で癌細胞増殖抑制。。
6.クラリスロマイシンの10倍の
  抗炎症効果(サイトカイン抑制=JAK阻害)。
  (サイトカインストーム予防効果がある)
  インフルエンザウイルスや他のウイルスにも効果がある。
7.動物実験で、中和抗体(RBD抗体=防御抗体)を10倍作る。
  (ワクチン接種するごとに増加するのは、NTD抗体=感染増悪抗体) 

リアルワールドエビデンス
1.ポルトガルのワクチン接種率は10%以下ですが、
  独自にイベルメクチンを生産でき、保険適応している為、感染は沈静化。
2.米国のイベルメクチンは、1年半で、24倍、患者の9.3%が処方を受けだした。
3.イベルメクチンの予防効果89%、早期治療83%、後期治療51%の有効性。
  (COVID ANALYSIS)
4.カリブのイスパニョール島のハイチ共和国とドミニカ共和国では、貧しいハイチ共和国が、
  イベルメクチンを飲んでいる為、感染者1/17、死者1/80。
5.通常量の8倍を服用しても、安全。